大阪で火葬するなら【格安火葬のソウユウシャ】
一般的な直葬流れのご説明です

ご逝去されたら

病院などの場合、ご逝去後に看護師の方が、お体を綺麗に清拭をおこないます。お時間は約1時間程度かかりますので、この処置時間に葬儀社に依頼をしなければなりません。お電話にて、下記内容をご確認させていただきます。

・葬優社(そうゆうしゃ)に電話する 電話番号 06-6653-3802
・故人様のお名前
・お迎え先の場所や名称など
・どのようなお葬式をされたいのか
・ご希望の斎場や日程など

ご搬送・お打合せ

寝台車到着後、、病院から故人様を提携ご安置施設にご搬送しお預かり安置致します。なお、 当社 提携ご安置施設での「付添い・拝顔」は出来ませんのでご承知置き下さいませ。

・死亡診断書のお預かり
・葬儀内容の確認
・日程、場所の確認など

当社スタッフが病院で最終確認致しますので、ご不明な点はご質問下さいませ。

死亡届(死亡診断書)

死亡診断書はご逝去後に病院などから発行される書類となります。当社代行にて、死亡届を役所に提出し「火葬許可書」 の申請をおこないます。

・死亡診断書 原本
・申請者名 認印 (ゴム印、シャチハタ不可) ※故人名の印鑑では御座いません

当社スタッフが、お預かりしますので実印・銀行印以外の物をご用意願います。なお死亡診断書を役所に提出しますとお手元に原本は戻りません。コピーを当社よりお渡し致します。死亡診断書の原本がご必要な場合は、病院から再発行して頂けますのでお尋ね下さい。

口座凍結について

金融機関が「口座名義人」が死亡したことを知り得ると「口座凍結」となります。故人名義の預貯金口座が凍結されますと「入出金」などすべて出来なくなります。口座凍結前に預貯金を引き出す場合は「相続対象者様でよくご相談の上」お引きだし下さい。

・ 金融機関が死亡を知り得た段階で口座凍結されます。
・ 相続対象の方により手続きをおこなわないと凍結解除されません。
・ 生活費や葬儀代金など、金融機関によっては引き出しが可能になる場合も御座います。

当日の流れ

斎場内の休憩室に、お見送りされる方はお時間厳守でお集まりいただき。当社スタッフがご案内に参りますまでしばらくお待ち下さい。お別れが終わりますと、炉にお納めし火葬を致します。

・火葬場内の拝顔室にて「故人とのひと目お別れ」となります。
・お別れの品、お花などをお棺にお入れ頂けます。
・火葬炉前では「お焼香でのお別れ」となります。
・寺院による炉前読経も可能となります。(お時間は5分程度)

火葬時間は約 2時間30分となりますので適時お過ごし下さい。斎場内の休憩室への食べ物の持ち込みは禁止となっておりますのでご注意下さい。精進上げのお料理のご予約も致しますので、ご希望の方は事前にお申し込み下さい。火葬が終わりますとお骨上げをおこないます。お骨上げが終了後、各自随時解散となります。